スタッフブログStaff blog

3月12日は名古屋ウィメンズマラソンではなくなわとびスピードコンテストの日

2017/03/18

3月12日は名古屋ではウィメンズマラソンが行われていました。

私が指導していた方もこの日のために必死にトレーニングをしていました。
なんと!短い期間の中で体脂肪率を4%落ちたそうです!
 
ですが、今回はなわとびのお話。
 
 
3月12日は日本なわとびプロジェクト(JJRP)が主催する第一回全国なわとびスピードコンテストの日でした。
 
内容はとてもシンプル。
30秒でよりたくさんの縄を跳べた方が勝ちというルールです。
選手には前跳びでも駆け足跳びでもどちらでもいいので選択してもらいました。
 
今回企画の主要メンバーは5人で、約一年かけて企画の準備をしてきました。
当初3月なんてまだまだ先だな~なんて思っていましたが、日が迫ってくるにつれてどんどん時間がなくなってきました(^_^;)
 
 
 
深夜まで続く打ち合わせ、家に帰ってはすぐに眠るといった感じで常に頭の中にはなわとびがありました(笑)
 
その中でも1番苦労したのがこのチラシ!!
13万枚あります(^_^;)
 
 
名古屋市、一宮市、豊橋市の小学校などに配布する為に、配りやすいように40部ずつに付箋をつけて、各学校の人数分を封筒に入れていくという作業。
 
深夜3時ぐらいまでかけて約5日間かかりました。
夜食を食べ、音楽をかけ黙々と作業…
深夜は無駄にテンションが上がります(笑)
 
 
1月からは決勝大会に向けた予選大会が始まりました。
 
皆が必死になって、真剣に跳ぶ姿はとても良いですね!
少しだも多く跳ぶ為になわとびやシューズを工夫したり、少しでも注目された中行うのは、たった1日でも子供たちの成長に繋がるのだなと知りました。
 
大会の前日にはなわとびサミットが行われ、大学教授、子供の教育に携わっている方、なわとびを通して社会貢献活動をされている方、70歳を過ぎにして現役で縄跳びを跳び続けている方(自分のトレーニングがまだまだ未熟だなと感じさせられました)本当に多くの方に参加していただきました。
 
私は当日、参加者を席まで案内する係をさせていただきました。
 
たまにはスーツも着ます(笑)
 
 
そして迎えた大会当日。
当日は関東から予選大会を勝ち抜いた子供達もやってきて、皆勝つ気満々の様子。
 
私は当日選手誘導のリーダーとして裏方として走り回っていました。
後日カメラマンさんから送られてきた写真には自分がほとんど写っていないほどに(笑)
 
でも今大会大きなトラブルもなく終わることができたことにまずは一安心です。
 
細かいところの改善点は次回に向けての課題として、今回大会に関わってくらた皆様本当にお疲れ様でした!
 
ありがたい話で大会当日は名古屋市の河村たかし市長をはじめ、愛知県議会議員、名古屋市会議員の方々に来ていただき、更にはメディア関係よ方も数社取材をしていただき、大会を盛り上げいただきました。
 
後日しっかりとテレビで放送されていました!
 
そして、今回優勝候補を軒並み引っさげて優勝したのは関東に住む女の子でした!
 
生で見させてもらいましたが、なんというスピード!!?(゚Д゚)
 
小学生であれば、むしろ女の子の方が男の子よりも身体が成熟したいるし、十分優勝を狙える可能性があるなと再認識しました。
 
練習内容に差はあるかもしれませんが、誰にでも活躍できる可能性のある大会だと思っています。
 
子供達に注目を浴びる機会が少なくなっているからこそ、どんな子供にも注目を浴びれる機会を提供したいきたい。
 
その積み重ねが子供達の成長に繋がっていくと思うのです。
 
最後ですが、yahoo!ニュースに取り上げて頂きました!さすがにこの時は声を出した喜びました!
 
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋市や江南市、一宮市の尾張地区でダイエット、生活習慣病の予防、改善、体力向上など身体を変えるお手伝いをしています。

その方の体力や日常生活に合わせたプログラムの提供を心がけていますので、運動初心者でもご安心して行うことができます。

無料カウンセリングも随時おこなっておりますので、気になる方はお気軽にご連絡お待ちしております。

代表:後藤 迪廣
info@slim-up.net

 
 
 
 
Page Top