スタッフブログStaff blog

愛知県で働く先生方に体幹トレーニングのセミナーを行ってきました。インナーマッスルの働き分かりますか?

2017/08/28

先日、ご縁があって学校の先生方に体幹トレーニングセミナーをやってきました。

 

体幹トレーニングということなので、短い時間ですが、ひたすらに実技をして体幹を苛め抜かせていただきました(笑)

最初は簡単な理論的なのを5分から10分ほど話させていただきました。

例えば、体幹とはどこのことを言うのか?

体幹というと腹筋だけをイメージしがちですが、それは正解ではありません。

体幹とは、四肢を除いた胴回りのこと。

なので、腹筋以外にも背中の筋肉、股関節を曲げる筋肉。背骨を支えるインナーマッスルなども体幹に含まれてきます。

この体幹を鍛えることで、力を伝える能力が向上したり、姿勢のぶれない動作を続けられたり、単純に腰とかの怪我が予防できたりします。

 

他にも

 

【インナーマッスルとアウターマッスルとの違い】

先ほど少しだけインナーマッスルという言葉を使いましたが、実際にどう使われているのか知っていますか?

先にイメージがしやすいのでアウターマッスルから説明していきます。

アウターマッスルというのは、太ももの筋肉、お尻の筋肉、胸の筋肉、背中の筋肉などなど

実際に触れることのできる筋肉(中には触れないのもあります)のことを言います。

このアウターマッスルの働きというのはとても簡単で、関節を動かすことです。

肘や膝を曲げたり、肩を回したりしているのがアウターマッスルです。

 

ではインナーマッスルとは?

まずインナーマッスルは身体の奥にある筋肉なので、直接触れることはできません。

無理をすれば触れるのかなというぐらい非常に触りにくい筋肉になります。

このインナーマッスルの働きは、関節を安定させることです。

肩を回した時にポキポキ音がなってしまう人は、インナーマッスルがしっかり働いていないということになります。

このインナーマッスルを鍛えてあげることでしっかりと関節に負担をかけることなく、日常動作やスポーツを行うことができます。

 

などといったことをたくさんお話をさせていただきました。

その後はひたすら実技です!

ただ体幹トレーニングはとても種類が豊富です。

メジャーなトレーニングからマイナーな方法まで。

それを全部覚えるのはとても大変ですし、多分最初にやった種目を忘れます(笑)

 

なので、メジャーな種目を用意してそのバリエーションとしていくつか紹介させていただきました。

簡単な変化を加えるだけで、トレーニングの強度を上げることができます。

その変化のさせ方さえ理解してしまえば、どんどん新しい種目を覚えるよりも楽に強度調節ができるようになります。

 

強度が上がっていくにつれて皆さんとてもきつかったと思います(笑)

ご自信が体感できて感じたことが初めて指導の場なので活かせると思いますので、是非いくつか実際に取り入れてもらえるとうれしいです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋市や江南市、一宮市の尾張地区でダイエット、生活習慣病の予防、改善、体力向上など身体を変えるお手伝いをしています。

その方の体力や日常生活に合わせたプログラムの提供を心がけていますので、運動初心者でもご安心して行うことができます。

無料カウンセリングも随時おこなっておりますので、気になる方はお気軽にご連絡お待ちしております。

代表:後藤 迪廣

090-7301-3741
info@slim-up.net

Page Top