スタッフブログStaff blog

人工甘味料を摂り過ぎると糖尿病のリスクが上がる

2017/10/11

知っている方もいるかもしれませんが、最近ネットニュースで人工甘味料の摂りすぎが糖尿病のリスクを高めるということがのっていましたね!

人工甘味料ってカロリーが低いのでダイエット効果もあるのではないかと言われていたり、賛否両論あるのですが、今回はそのネットニュースを簡単にまとめてみます。

要約すると、人工甘味料が糖耐能に異常をもたらすというのが分かってきました。

糖耐能というのは、インスリンが血液中にあるブドウ糖を取り込む能力のことです。
これが異常になると、ブドウ糖を取り込む能力が低下するので、糖尿病の予備軍になりやすいそうです。

それとここでは腸内フローラも関係しているとあるのですが、まだ未解明みたいなので解説するのやめておきます。

他にも食べ過ぎを促しやすいそうです。
本来は血糖値があがると、満腹感は出てくるのですが、人工甘味料の場合は血糖値があがりません。
それだと脳は食事量が足りないと判断して過食につながるとあります。

ちなみにどれぐらいのリスクがあがるのかというと、週に1回以上(237ミリリットル)人工甘味料を摂取している人はそうでない人と比べて1.7倍リスクが高くなるようです。

まだまだ人工甘味料の議論は続きそうですね!
自分の意見としてはですが、やっぱり自然界になり物質を人間が作って身体に取り入れることは、少なからず良くない影響があるのだなと思ったほうがいいかなと思います。

Page Top